READING

専業主婦に、子育てしながら働くことについて聞いてみました...

専業主婦に、子育てしながら働くことについて聞いてみました

カラダノートが、「子育てしながら働くことに関する意識調査」の結果を発表しました。
調査の回答者は専業主婦のみ、254人。
「専業主婦」はもちろんのこと、何かと対立を煽られやすい「兼業主婦」にとっても興味深い調査になっています。

専業主婦であることをうしろめたく感じたことがある

専業主婦を好きで選び、この立場が気に入っているという人ももちろんいるでしょう。
しかし一方で、実に40%がうしろめたく感じたことがあると回答しています。
その理由として最も多かったのが「自分がお金を稼いでいない」こと。

周りからの否定的な意見も目立ちます

専業主婦であることについて、夫や義理の母、友人など身近な人から否定的なことを言われた経験があるという人も20%近くにのぼり、「今すぐ働きたい」、「いずれ働きたい」と考えている専業主婦はあわせて80%以上に。

働きたい理由としてはやはり「自由に使えるお金が欲しい」が最も多く、ほかには「社会や人とのつながりが欲しい」、「経済的に自立したい」という声があがりました。

働きたい専業主婦にとっての高い壁

さて、いざ働く場合問題になりそうなことを聞くと、1位は「家事育児と仕事の両立」。
ほかには自分のブランクや希望する条件の就業先があるかどうかや預け先の確保を心配する声が上がりました。

皆が皆働きたいわけではない

一方、「働きたくない」専業主婦は、その理由として「外に出て働くよりも子どもと一緒にいたい」、「家事育児で余裕がない」と考えていることも明らかになりました。

女性活躍の推進ってどうなんでしょう

国を挙げての女性活躍に関する取り組みですが、これについてはまさに賛否両論。
賛成も40%を超えたものの、「どちらともいえない」が5割強という結果に。

「結局女性の負担が減る訳ではないと感じる」
という声には、同じ専業主婦だけでなく働く女性からも賛同の声が得られるのではないでしょうか。


1983年生まれ、一歳の息子がいます。趣味(かつ仕事)はハンドメイド、それから片付け・整理整頓。 子供ができるとますます身近な問題になってくるお金のアレコレ。身近なのに、難しい専門用語が並べ立てられがちなお金のアレコレ。そんなアレコレを、私と同じような普通のママさんたちにもっと身近に感じてもらえるような記事を書いていきたいと思っています。

COMMENTS ARE OFF THIS POST