もう動かなくていい?一切頑張らずに電気代を節約する方法

電気代って季節によってけっこう高くついて家計を圧迫しますよね。これからの季節はなるべくこたつや布団に入っていたいし、寒いからあまり無理のない範囲で節電したいところ・・・。
もう節電を頑張ってる方も、これからという方でも、毎日節電のために行動しなくてもコツコツ省エネできちゃう簡単な節電テクを紹介します。

頑張らない節電に必要なのは「タイマー機能」と「人感センサー」の2つだけです。

まず、ついついだらだらとつけっぱなしにしてしまうテレビ。
タイマー機能を活用して、起きる時間にオン、家を出る時間に合わせてオフに設定しておけば、消し忘れを防げるだけでなく、朝の忙しい時間に子どもがテレビの前から離れないなんてことも防げるし、時間がないのにリモコンが見つからなくてバタバタ・・・なんていうトラブルも防げますよ。夜に設定しておけば、寝る時間になってもテレビから離れられない、なんてこともなくなりそうですね。

タイマー機能がない家電には、コンセントに差し込んで時間を設定すれば自動で電源をオフにしてくれる節電タイマーというものが売っていますので、ついついつけっぱなしにしてしまいがちなこたつや電気カーペットにはこの節電タイマーを利用するといいでしょう。

トイレや廊下など、電気を消すのを忘れてしまいがちな場所には人感センサー付きLEDがおすすめ。
これでもう「電気つけっぱなし!」と子どもやパパに怒らなくてすみますね(笑)

電気代を大きく節約するには、家電の稼働時間を減らすこと。
電気や空調の消し忘れやテレビを見ながら家事をする、といったちょっとした無駄をなくすことで大きく電気代を節約することができます。
環境を整えてしまえばあとは頑張らなくてもいいんです。
早速タイマー機能や人感センサーを使って賢く簡単に節電しちゃいましょう。

専門家による詳しいお話はこちらからご覧いただけます。


結婚歴4年で子供は1人、東京都内在住です。家庭の省エネアドバイザー・エコキーパーなどの資格を活かしてママモデル・ライターとして活動しています。 牛乳パック・段ボールを使っておもちゃや家具、雑貨などを作るエコ工作や手芸が趣味で、日々の育児ストレスはミシンの針に怒りを込めて発散しています。子供向けの心理アドバイザーや色彩学などの勉強もしつつ素敵なママ目指して奮闘中です。

COMMENTS ARE OFF THIS POST