妊婦の負担が増える?妊婦加算とは

今年の4月から、妊婦が医療機関の外来を受診した際に負担が増える「妊婦加算」という制度が導入されているのをご存知ですか?
  
妊婦加算は、診察報酬の改定の際に新たに設けられた制度で、妊婦が医療機関の外来を受診した場合に、初診料や再診料、外来診療料に料金が上乗せされる制度です。
妊婦検診や分娩にかかる医療費は自費であり、妊婦加算が上乗せされることはないそうですが、病名や診療科にかかわらず、妊婦がなんらかの病気にかかり、内科や耳鼻科などの外来にかかった場合には加算されるとのことです。
具体的には、自己負担3割の場合、初診で約230円、再診で約110円が加算されます(深夜や休日などの診療時間外はさらに増額)。
  
妊婦が受診した際には、薬の処方の判断を慎重に行わなければいけなかったり、感染症など注意を払わなければいけない病気があったりと、妊婦や胎児に配慮した診察をしなければなりません。
そのため、医師には特別な配慮が必要になる分、妊婦加算という形で報酬が増えるようになります。
これにより、産婦人科以外の医師にも妊婦に対する医療の体制を強化させる狙いがあるようです。
  
少子化が深刻な問題となっている中、なぜ妊婦自身に負担させるのかという声も上がっているようですが、より安全な診察を受けるためにも必要なお金のようです。
妊娠中に外来を受診する際には、知らずに驚いてしまうことのないよう十分に理解しておく必要がありますね。
  
詳しくはこちらから


都内在住でもうすぐ2歳になる男の子のママです。毎日息子と色々なところへ出かけて、子育てライフを満喫中。在宅ワークで息子と遊ぶおこづかいを稼いでいます。結婚してからは、お金に関して知らないことばかりで焦ったり不安になることが多々…。これからMAMAPLUSマネーを通して、皆さんと一緒に少しずつ勉強していきたいと思います!

COMMENTS ARE OFF THIS POST