READING

国民年金保険料の減免対象に未婚のひとり親を追加する方針...

国民年金保険料の減免対象に未婚のひとり親を追加する方針

 ひとり親世帯の税金や保険料の支払いは生活費を圧迫し、一般の家庭よりも負担感がより大きく感じられるものです。現在は国民年金の保険料について、配偶者と離婚または死別した女性のうち年収が125万円以下であれば保険料を全額免除されますが、ここには未婚のひとり親の女性は含まれていません。

 厚生労働省は2019年10月末、社会保障審議会年金部会で、所得が基準に満たない未婚のひとり親らについて、国民年金保険料の支払いを免除する案を示し、年末に取りまとめる年金制度改革案に盛り込みたいと考えているそうです。

配偶者と離婚または死別した低所得層の男性についても今後免除するとのことです。未婚のひとり親についても男女を問わず免除対象に加える方針で、性別格差の流れも進んでいると言えます。政府・与党はその他未婚のひとり親の税制優遇措置も検討しています。 

 国民年金の保険料は月16,410円。これが免除になったらかなり助かりますね。今後の続報に期待です。

この話題について、詳しくはこちらからもご覧いただけます。


結婚歴4年で子供は1人、東京都内在住です。家庭の省エネアドバイザー・エコキーパーなどの資格を活かしてママモデル・ライターとして活動しています。 牛乳パック・段ボールを使っておもちゃや家具、雑貨などを作るエコ工作や手芸が趣味で、日々の育児ストレスはミシンの針に怒りを込めて発散しています。子供向けの心理アドバイザーや色彩学などの勉強もしつつ素敵なママ目指して奮闘中です。

COMMENTS ARE OFF THIS POST