READING

ママも再就職に向けてスキルアップ!国の補助がある教育訓練給付制度とは?...

ママも再就職に向けてスキルアップ!国の補助がある教育訓練給付制度とは?

教育給付制度とは?

2014年10月から拡充された教育訓練給付制度をご存知ですか?「雇用の安定と再就職の促進を図る」目的でつくられた雇用保険の制度で、簡単に言えば「つぶしの利くスキルや資格を身につけましょう」というものらしいです。
一定の条件をクリアしなければ利用することができませんが、雇用保険の補助を受けながらスキルアップや資格取得ができるのです。妊娠・出産で仕事を辞めてしまったママも、条件さえ合えばこの制度を利用出来る可能性があります!

条件を満たした雇用保険加入者(在職者)や離職者が指定の教育訓練を修了した場合に支払った額の費用を一定割合について、ハローワークから支給を受けられる制度です。この制度を利用できる講座は「一般教育訓練」と「専門実践教育訓練」により異なります。

「一般教育訓練」(情報処理、語学、簿記など)の場合の支給額は、10万円を上限にする20%相当額。ただし、4000円を超えない場合は支給されません。

「専門実践教育訓練」(看護師、介護福祉士、保育士など)の場合の支給額は、1年で32万円を上限に40%相当額。訓練期間は最大3年間のため、最大96万円が上限ですが、4000円を超えない場合は支給されません。

条件を満たせば「教育訓練支援給付金」も。
 

 
専門実践教育訓練の給付金を受給できる人のうち、受講開始時に「45歳未満で離職している」、「初めての給付である」といった一定条件を満たす場合は「教育訓練支援給付金」も支給されます。支給対象となるものは「入学金」と「受講料(教科書代等は含む)」。
 
 
 
教育訓練給付を利用できる人は?妊娠出産で退職時には延長もできる!

教育訓練給付金の支給対象者は次のいずれかに該当し、国が指定する教育訓練を終了した人です。

・一般教育訓練給付

受講開始日現在、雇用保険の被保険者期間が3年以上(初めての人は1年以上)など一定の要件を満たす雇用保険被保険者。または被保険者であった離職者は、離職日の翌日から受講開始日まで1年以内。

・専門実践教育訓練

受講開始日現在、雇用保険の被保険者期間が10年以上(初めての人は2年以上)で一定の要件を満たす雇用保険の一般保険者。または一般被保険者であった離職者は、離職日の翌日から受講開始日までが1年以内。

離職者の場合に「離職から1年以内」までしか利用できないようになっていますが、妊娠・出産、育児などのやむを得ない理由により退職する場合は、教育訓練給付の受給の延長も可能です!離職後30日以内に雇用保険の延長申請を行い、一緒に教育訓練給付の延長を申請することで最長3年まで延長できます。退職時に復職を考えが少しでもある場合は、延長手続きをしていくといいですね。

気になる方は詳細について居住地域のハローワークで確認してみてください!

詳しい概要は下記のURLからどうぞ!
再就職に備えてスキルアップ!ママの教育訓練給付制度


結婚して10年、小学生2人と2歳児に翻弄されながら日々過ごしているぐうたら主婦です!趣味はブログとツイッター(笑)難しい言葉や話は右から左状態なので、自分と同じようなママに少しでもわかりやすくお伝えできればと思っています!

COMMENTS ARE OFF THIS POST