ママにぴったりのサブスクリプション!絵本定期購読サービスおすすめ3選

毎日忙しいママにこそぜひ試していただきたいサブスクリプション。今回は子どもの成長に欠かせない絵本の定期購読サービスからおすすめのサブスクリプションをピックアップしてお届けします。
サブスクリプションって何?という方は以前私が書いたこちらの記事をご覧下さい。

最初に試してみたい格安サブスク「こどものとも」

福音館書店の「こどものとも」は1ヶ月550円で毎月絵本が1冊届くサービスで、その値段は他の類似サービスで比べてもダントツで安いです。子どもの年齢に合わせた絵本が届くので、ママがたくさんの本の中から子どもに合った絵本を選ぶ手間が省けますし、ママが選ばないことで偏りなく様々なジャンルの本を読んであげることが出来ます。何を読んであげたらいいかわからないというママやとりあえずおうちに絵本が欲しいという方にぴったり。

時代はやっぱり電子書籍!?「森のえほん館」

収納スペースがないので絵本を置けない、外出時に読み聞かせがしたい、など、タブレットによる絵本の読み聞かせの需要も多いです。私がおすすめするのは「森のえほん館」。毎月約350円(iOS、Androidによって多少差あり)で、定番の童話からオリジナル絵本まで、500冊以上の絵本が読み放題なんです。こどもが自分で操作をして読めるモードもあるのでママが忙しい時にも使いやすいです。特におすすめなのが、プロによる朗読モード。画面が暗い状態で朗読してくれるので寝かしつけ前の絵本の読み聞かせに最適です。

世界の絵本で文化を学びたい!「WORLD LIBRARY」


年齢に応じて、様々な海外の絵本が毎月約1300円で送られてきます。色使いや絵のデザインなど見た目はもちろん、内容も日本の定番の絵本と違って考えさせられるようなストーリーや表現の仕方があったりと、親子で異文化に触れることができ視点が広がります。他の絵本サブスクはものがたり絵本を扱うことがほとんどですが、「WORLD LIBRARY」はしかけ絵本が届くので、子どもはより喜んでくれるかもしれませんよ。

気になるサービスはありましたか?共働き家庭や子どもが小さく図書館や書店でゆっくりできないママにおすすめ。ぜひ試してみて下さいね。


結婚歴4年で子供は1人、東京都内在住です。家庭の省エネアドバイザー・エコキーパーなどの資格を活かしてママモデル・ライターとして活動しています。 牛乳パック・段ボールを使っておもちゃや家具、雑貨などを作るエコ工作や手芸が趣味で、日々の育児ストレスはミシンの針に怒りを込めて発散しています。子供向けの心理アドバイザーや色彩学などの勉強もしつつ素敵なママ目指して奮闘中です。

COMMENTS ARE OFF THIS POST