READING

新しい投資方法「ポイント投資」とは?③~楽天の楽天ポイント投資~...

新しい投資方法「ポイント投資」とは?③~楽天の楽天ポイント投資~

ショッピングサイトや携帯電話キャリア、クレジットカード会社などの利用料金に応じて貯まるポイントで運用する「ポイント投資」についてご紹介するシリーズ。
前回は、NTTドコモの「dポイント投資」について種類と特徴の概要をご紹介しました。

今回は、もうひとつの例として、楽天の「楽天スーパーポイント」を利用した投資の特徴と投資の内容を取り上げます。

楽天ポイント投資の特徴

楽天スーパーポイント」は、楽天市場や楽天関連サービスでの支払い額に応じて楽天を利用される方に還元されるポイントです。

  • 楽天カードの使用
  • 楽天市場アプリの使用
  • 楽天スーパーポイント加盟店での支払い
  • 各加盟店の商品へのポイントの割り振り

などの条件によって、楽天スーパーポイントの還元率は1倍~10倍などで変化します。

支払い額を増やさずに楽天スーパーポイントを増やすには、上に挙げたポイントに注目する方法をとります。
しかし、購入に寄らずポイントを増やす方法もあります。その一つがポイントの運用です。

 

楽天ポイント投資の内容 その1~「楽天ポイント運用」とは~

楽天ポイントクラブでの「楽天ポイント運用」では、楽天スーパーポイントから100ポイント単位で運用ポイントに回すことができます。(通常ポイントのみ運用可能。期間限定ポイントは運用できません。)

コースは以下の2つです。

アクティブコース

  • 楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)の基準価額の値動きを反映
  • 日々の動きが大きく積極的な運用を目指すコース

バランスコース

  • 楽天・インデックス・バランス・ファンド(債権重視型)の基準価額の値動きを反映
  • 日々の動きが小さく、安定的な運用を目指すコース

 
最初にどちらかのコースを選択する必要がありますが、前回ご紹介したdポイント投資と異なり、後から運用するコースを追加できます

楽天ポイント運用で増えた運用ポイントは、通常のポイントへ引き出すこともできます
逆に、通常ポイントから運用ポイントへ追加することもできますよ。

1回の追加の上限は30,000ポイント(ダイヤモンド会員で50万ポイント)で、ポイントの利用上限は1カ月につき10万ポイント(ダイヤモンド会員で50万ポイント)。かなり大きな額の運用・利用ができるのが特徴です。

 

楽天ポイント投資の内容 その2~楽天証券で「ポイント投資」~

実は、楽天では、楽天ポイントクラブ内のポイント運用とは別に、楽天グループ内の楽天証券で利用できるポイント投資の仕組みも提供しています。

この仕組みは楽天証券の口座をお持ちの方が利用できる「ポイント投資」です。
楽天証券のポイント投資では「楽天スーパーポイント」と「楽天証券ポイント」を利用します。
1ポイント1円換算で楽天証券の投資信託商品を購入できるのです。

投資信託は以下のような分類を参考に選んでいきます。

  • 楽天証券ファンド7:楽天証券がおすすめする商品
  • 銘柄ランキング:楽天証券利用者での人気銘柄
  • ファンドセレクション:楽天証券ファンドアナリストの厳選ファンド
  • 投信スーパーサーチ:自分で投信商品を検索する

 
1回の注文ごとに購入金額を決める「通常注文」のほかに、毎月一定額を自動で注文する「積立注文」も選択できます。

投資信託で特定のファンドに投資すると、その運用で得られた利益が分配金として還元されます
分配金の扱いにもコースがあり、

  • 分配型:税引き後に証券口座の「預かり金」として入金される
  • 再投資型:「預かり金」にはせず、そのまま同じ銘柄に上乗せして投資する

 
の2つのいずれかを選択します。

つまり、楽天ポイントクラブの「ポイント運用」ではポイントを増やすのが目的でしたが、楽天証券の「ポイント投資」では現金を増やすのが目的となるわけです。

 

投資をステップアップするには

株式投資の経験がない方だと、投資信託もイメージがわきにくいもの。
その状態で証券口座を開設するのは、ちょっとハードルが高く感じますよね!

そこで、投資が初めてで楽天のサービスをよく利用する方には、まず楽天ポイント運用からスタートすることをおすすめします。
株式関連ニュースと日々変化する楽天・インデックス・バランス・ファンドの値動きとを比較しながら、投資とはどのようなものかイメージをつかんでいきましょう。

並行して、証券会社や投資信託の仕組みについて、楽天証券ほか各証券会社の初心者向けの解説ページで学んでいき、税金やリスクなどについても理解してから、証券口座を開設してポイント投資を始めたほうが、より主体的に投資していけますよ。

 
 
以上、3回に渡って、ポイント投資についてご紹介してきました。
ポイントを増やす「ポイント運用型」と、証券口座の投資に回して現金を増やす「現金運用型」のうち、前者は初心者にも挑戦しやすい投資です。
「投資に興味があるけれど、証券口座はまだない」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 
※こちらの記事もご参考ください:
ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説|マネーポストWEB
「ポイント投資」のサービス比較やメリット、始め方をわかりやすく解説! カードのポイントなどを運用できる「ポイント投資」はコストや運用商品で選べ!|ダイヤモンド・ザイ オンライン
ポイント運用スタートガイド|楽天ポイントクラブ
ポイントで投資しよう!|楽天証券
投資信託ポイント投資サービス!|楽天証券


1978年生まれ。超就職氷河期を生き延び、転勤族の妻として在宅ワークをスタート。 最近は、子供の教育資金確保と住宅ローン返済のため、マネーについて調べ考えています。 ママプラスマネーでは、暮らしを豊かにできるようなおトクなマネー情報をみなさんと学んでいきます。

COMMENTS ARE OFF THIS POST