老後のお金はいくら必要?ゆとりある生活をしたければ4200万円!

現在子育てに奮闘中のママたちにとって、切実な不安として老後の資金問題があるんじゃないかと思います。子どもたちの教育資金や生活費、その他もろもろ、今生活していくだけで精一杯なのに、老後のための貯金なんてできるのだろうか…。そう思っているママも多いと思います。雑誌などでは「老後資金は5000万円必要」と書かれていることも多く、その莫大な額に不安も一層濃くなってきますね…。

ファイナンシャルプランニング技能士の岩永真理さんは、「必要な老後資金は、ゆとりある生活をするなら夫婦で4200万円ほど」だと言います。なるほど。では普通に生活していくには、夫婦でいくら貯めたらいいのか、調べてみました!

老後資金、本当はいくら貯めればいいの?

老後は住宅ローンや教育費、養育費も一般的には終わっていて不要になるため、更に子どもたちも自立しているだろうし、生活費は今の6割~7割以下になるそうです。ですが、「年金収入だけで生活を営むのは大変です。」と岩永さんはアドバイス。

では年金とは別に、老後資金として備える必要があるものは何でしょう?それは現在ボーナスでまかなっている「特別支出」です。車の維持費や固定資産税、家のリフォーム費用、家電の買い替え、もしもの病気に備えるお金などなど特別支出の分だけを貯めておくと考えると、少し気が楽になりませんか?そう考えると、老後に貯めておきたい資金は生涯の平均年収に近い30代~40代の手取り年収の5~6倍が目安となります。年収が500万円なら25003000万円を目標にするといいですね。

さらに退職金がある家庭なら、退職金で足りない分を貯めればいいので、今の年収と退職金で計算してみてください。どうでしたか?十分準備ができそうですよね!

老後に必要なお金は「生活費」と「特別支出」、たった2つだけ!

【生活費】

老後の家計は、食費・交通費・通信費・教育費などが大幅にダウンします。かわりに余暇時間の増加で交際費、年齢と共に医療費が増加しますが、全体的な支出は縮小傾向に。ただし住居が賃貸の場合は住居費がかかりますね。

【特別支出】

老後はボーナスがないので、車の維持費や旅行費などは貯蓄から出すことになります。今の家計で特別支出が多い人は中身を見直して無駄を減らすことも大事な老後準備になりますよ。

詳しい概要は下記のURLからどうぞ!

ゆとりある老後生活を望むなら、貯蓄額4200万円?


結婚して10年、小学生2人と2歳児に翻弄されながら日々過ごしているぐうたら主婦です!趣味はブログとツイッター(笑)難しい言葉や話は右から左状態なので、自分と同じようなママに少しでもわかりやすくお伝えできればと思っています!

COMMENTS ARE OFF THIS POST