フィンテック時代に子育てをする節約ママが知っておくべきサービスと金育1/3

ファイナンシャル(Financial)+テクノロジー(Technology)=フィンテック(Fintech)
 フィンテックという言葉を知っていますか?「金融」と「技術」という言葉を併せた2014年位から話題にされてきた造語だそうです。アメリカのリーマンショックの後、金融関係の優秀な人たちがIT業界で新しい金融のシステム作りをしてくれたそうです。様々なフィンテックのサービスが開発されてきました。金融サービスをもっとわかりやすく利用できるシステム作りが目指されています。
実は私、この言葉を記事作成のために初めて知りました。『クレジットカードの読みもの~最近、よく聞くフィンテックってどういう意味?~』に分かりやすく紹介がありました。興味を持ってさらに調べているうちに、言葉そのものは知らなかったけれども、我が家でもよく利用しているサービスが多いことに気がつきました。そこで、おトク情報に敏感な節約ママさんたちが活用しやすい耳寄り情報を集めてまとめてみました。正しい情報を理解して、賢くお金とお付き合いしていきたいですね。

フィンテックのサービスにはどんなものがあるの?
では、私たち子育て中のママが活用しやすいフィンテックのサービスにはどんなものがあるのでしょうか。

●スマホで決済
「LINEPay」や「楽天Pay」、「ApplePay」といったスマホで決済する方法も、フィンテックの技術を使ったサービスです。クレジットカードを何枚も持つ必要がなくなるし、いつも持ち歩いているスマホだけで買い物ができます。
 
●クラウド家計簿
我が家ではずっと「マネーフォワード」という家計簿アプリを使用しています。夫婦で共有して使っていますが、とても使いやすくわかりやすいです。月々の支出や残高が一目で分かります。複数の口座を登録していても、どの口座にいくらあるのか、誰の財布にいくらあるのかも把握できます。お互いに内緒の買い物はできないですが、自分や相手の金銭感覚が分かってくると、夫婦間でお金について話題にしやすいと思います。毎日買ったものを記録していると「毎朝お茶を買うのをやめて、水筒を持って出勤しよう」というような話し合いがしやすく、無駄遣いを減らす助けになります。
マネーフォワードの他にも「zaim」という家計簿アプリもあります。
どちらも家族間で共有して入力できるようで、レシートを撮影することでお買い物した金額を読み取ってくれます。これらの家計簿アプリは無料で利用できるので、ご夫婦で相談して一度試してみるのもいいかもしれませんね。


1984年生まれ、結婚して6年。 和歌山市に住む3歳と1歳の女の子たちのママです。 出産を機に仕事を辞め、専業主婦を経て在宅ライターをしています。 子ども達との生活は、心に余裕を持って豊かに過ごしていきたい。 そのために大切なお金の話ですが、ママ友さんとの会話にはあまり出てきません。 ママプラスマネーでは、正しいおトク情報を見つける目を養っていきたいです。 またそれを生活にどう活かすか?についても発信していきます。

COMMENTS ARE OFF THIS POST