保険料、月払いじゃない?「支出を減らす」節約ママなら保険料は年払いにしよう1/2

節約ママのみなさまは、ご自身の生命保険には入っていますか?
ご夫婦2人だけの家庭であれば、突然の病気やケガへの備えとしての保険が必要でした。さらに子どもが生まれて家族が増えれば、万が一の際に残された家族の生活を支える備えも必要になりますね。
もしものために入っている生命保険。みなさんは保険料をどのように支払っていますか?
毎月末にカードや通帳から引き落とし?それとも加入した月から1年毎にまとめて1年分を支払っているのでしょうか?
実は、年払いにした方が年間の支払い合計額が安くなります。加入時にそう説明があったはずですが、それでも月払いにしているパパママは、どうして月払いに設定したのかを振り返ってみましょう。今考え直すことで、今年から年間の支出を減らせるかもしれませんよ。

○節約したいパパママが毎月保険料を支払っているわけ

「合計額を考えたら年払いの方がおトクなのは知っているけど……」といって月払いにしているパパママがいます。保険料は年払いに設定した方がおトクだと知っているのに、その方法を選択せず見逃してしまうのは一体どうしてなのでしょうか?

「年払いにすると一度に支払う金額が大きくなるから、支払い月の家計が苦しくなるの」
「月払いにすると毎月少額ずつの支出になるから、負担が分散されてあまり気にならないの」

そう言って保険料を月払いにしているパパママは要注意!
おトクな情報を持っているのに、月払いにして自分たちの目をごまかしているなんて非常にもったいないですね。

保険料の年払い、どれくらいおトクになる?に詳しく解説されているように、年間の合計額を比べると年払いの方が保険料を安く抑えることができます。いくら安くなるかについては契約内容によるので、個別に確認してみるとよくわかるはずですよ。
確かに保険料を月々少額ずつ支払うことで家計の月々の収支バランスを安定させることができ、保険料の支出が目立たず気にならなくなるかもしれません。しかしそれは、おトクになる方法を知っているのに活用しない言い訳のようなもの。節約ママなら、必要のない出費は工夫してドンドン削っていきましょう。

ところで、保険料が高いのではという違和感は見直しが必要なサインかもしれません。一度必要な備えを想定して見直しをしてみるといいでしょうね。次のページでは、実際に年払いで保険料を支払っているママパパとっておきのある工夫を2つご紹介いたします。月払いしているママパパはすぐに年払いに変更したくなりますよ。

次のページはこちら
「保険料、月払いじゃない?「支出を減らす」節約ママなら保険料は年払いにしよう2/2」>>


1984年生まれ、結婚して6年。 和歌山市に住む3歳と1歳の女の子たちのママです。 出産を機に仕事を辞め、専業主婦を経て在宅ライターをしています。 子ども達との生活は、心に余裕を持って豊かに過ごしていきたい。 そのために大切なお金の話ですが、ママ友さんとの会話にはあまり出てきません。 ママプラスマネーでは、正しいおトク情報を見つける目を養っていきたいです。 またそれを生活にどう活かすか?についても発信していきます。

COMMENTS ARE OFF THIS POST