READING

自転車に乗るなら検討するべき、自転車保険加入義務化の流れとは...

自転車に乗るなら検討するべき、自転車保険加入義務化の流れとは

お子さんが生まれると、自転車はママさんの生活にもかかせませんし、いずれはお子さんも自転車に乗るようになって、今までよりも自転車が身近なものになったというママさんも多いかと思います。

ところでこの自転車、自動車と同じように保険に加入することが義務化されてきているのはご存知でしょうか?

自転車保険加入の義務化の背景

保険加入の義務化の背景には、平成25年に兵庫県で起きた自転車事故があります。
当時小学5年生だった子どもが自転車事故を起こしたこの事故では、その母親に対して約9,500万円の損害賠償金支払いが命じられました。

この判例がきっかけとなり、兵庫県では自転車保険の加入が義務化。
その後、大阪府や名古屋などの自治体でも自転車保険の加入義務化が広がりました。

平成31年3月現在、自転車保険は義務化地域のほか、強制力はない努力義務の地域も多くあります。

自転車保険の条例が制定されている場合、入らないと罰則はある?

自転車保険の条例が制定されている場合、必ず入らないと罰則はあるのか気になる方も多いと思います。
しかし現時点では、自転車保険の加入義務や努力義務がある地域でも、加入しなかったことによる罰則自体はありません。

自転車保険は強制加入の地域に住んでいなくても加入検討するべき

仮に、子どもたちが起こした自転車事故によって、私たち親が高額の損害賠償を負うことになった場合、当人だけではなく、周りの家族の人生も破綻すると言っても過言ではありません。

未成年のお子さんだからといって、賠償金額が少なくなるといったことはないのです。

ですが、お子さん自身が判例でこのようなことがあったと理解することは、難しいですよね。
つまり、監督義務者にあたる親が、万が一の場合の対策として自転車保険の加入を検討する必要があります。

自転車保険の保険料はどのくらいかかるのか

自転車保険の保険料は、最低限準備しておきたい賠償責任補償のみであれば、年間1,500円以下のものもあるなど保険料が安くなっています。

事故が起こらないようにご自身が気をつけるのはもちろんのこと、お子さんのことを教育・監督するのは親の大切な務めです。
万が一のことが起きてしまった場合についての備えもしておくこともできれば、より安心につながりますね。

詳しくはこちら


1983年生まれ、一歳の息子がいます。趣味(かつ仕事)はハンドメイド、それから片付け・整理整頓。 子供ができるとますます身近な問題になってくるお金のアレコレ。身近なのに、難しい専門用語が並べ立てられがちなお金のアレコレ。そんなアレコレを、私と同じような普通のママさんたちにもっと身近に感じてもらえるような記事を書いていきたいと思っています。

COMMENTS ARE OFF THIS POST